いぶちちブログ

千葉の「がんこ山」でトムソーヤ体験してきました

3月31日(土) 曇りのち雨

いぶきのお友達の「のんちゃん」が泊りがけで遊びに来ているので、今日は「がんこ山」という場所にて「トムソーヤ体験」に出かけました。

千葉県の南房総市に「がんこ山」はあります。自宅からは車で約2時間。笠間に行くより時間がかかります。10:00に現地に集合だったので余裕を見て7:30に自宅を出発!

f0045667_1955776.jpg
館山道の終点君津ICを降りて、さらに1時間程山道を走ると、ありました。「がんこ山」。地名ではありません。私設の自然腕白公園という感じの場所の名称です。入り口には木製の熊君が出迎えてくれます。
通常の遊園地やテーマパークとは異なり、ボランティアスタッフの方々はいらっしゃいますが、基本的にその「場」を借りて「自分達が自分達で考えて自由に遊ぶ」というのがルールです。禁止事項はほとんどありません。危険な要素は当然一杯ありますが、安全管理は「自己責任」というのが「オキテ」です。


f0045667_19552461.jpg
尾根上の土地に「がんこ山」はあります。平坦な土地はほとんどありません。結構急な斜面です。


f0045667_19554313.jpg
立ち木を利用して中空に建てる「ツリーハウス」や、木上に設置されたハンモック、ブランコ等、冒険心をくすぐる手作りアイテムがいっぱいあります。


f0045667_195636100.jpg
子供達の後ろに移っているおじさん達は、「トムソーヤ体験」と並行して開催されている「ツリーハウス」の建立講習会に参加している方々です。
いぶちちも参加したくてたまらなくなりました。


f0045667_19571079.jpg
「ツリーハウス」の基礎はこんな感じで立ち木に固定します。意外に単純で簡単そうです。
この手法で小屋をたてれば、通常の建物の建設には適していない斜面でも居住拠点を確保することができます。山林を大規模に手入れしなくても小屋が建てられれば、斜面の多い山林を有効に活用することができそうです。


森林の伐採を最小限にでき、山の斜面を崩して整地することも無いため、自然に優しい建築物と言えます。
建築基準法や土地利用関連法案や税法等の法律面、安全性・耐久性などの観点など、ツリーハウスに関する課題は少なくはなさそうですが、「がんこ山」の様な場面での活用に関しては、地域振興の面でも促進を検討する余地は多そうです。

f0045667_19575672.jpg
二つのツリーハウスの間を結ぶ橋をわたるいぶきです。コワー!


f0045667_19581687.jpg
ツリーハウスの前は、こんな斜面です。手製の風力発電装置や、ロープがとても長い手作りブランコ等があります。この「がんこ山」は、電気も自給自足しているそうです。風力発電と太陽電池を蓄電池に備蓄できる仕組みが構築されています。文明的自給自足(?)です。


f0045667_19583718.jpg
アニメの「アルプスの少女ハイジ」に出てくる様な、ブランコがここにも二つあります。奥のブランコは、ロープ長が10mはありそうです。強くこぐと、空に飛び出しそうな感じです。大人のほうが真剣に楽しんでいました。


f0045667_19592162.jpg
昼食は、小麦粉こねて自分達で作る手作りピザです。


f0045667_200054.jpg
子供達がやる気満々でチャレンジ!はじめのうちはベトベトでヤリニクイ!


f0045667_2002716.jpg
出来上がったピザ生地を寝かしている間、竹をつかって「弓矢」作りです。竹割りや竹の加工は主にお父さんの腕の見せ所です。子供達も少し自分のお父さんを見直したようです。いぶちちも子供達の分の「竹ののこぎり加工」を担当しました。「いぶき、ちょっと見直しただろう?ん?観てなかった?ガックリ!」


f0045667_2011711.jpg
弓矢作りと並行して、寝かし終わったピザ生地を丸く延ばしてトッピングして、ドラム缶を利用した「ピザ焼き窯」で焼きます。


f0045667_2014713.jpg
子供達は、弓矢が出来上がると、早速、弓矢遊びです。
「人に向けては絶対にだめ!」という約束だけは守って後は自由に遊びます。


f0045667_2022564.jpg
「がんこ山」代表の大岡さん(?)が子供達に上手な弓矢の飛ばし方を伝授中です。


f0045667_203075.jpg
しばらくすると、ピザが焼きあがりました。お皿に載せて木の机の上に並べます。お皿が足りない分は、木で作ったお皿のうえにピザを置きます。


f0045667_204297.jpg
「ピザが焼けたよー。」と声がかかったちょうどそのときに、いぶきは、木上のハンモックの中にいました。


f0045667_2045528.jpg
皆で手作りピザを食べます。「あっちっち!」子供たちが自分の手でこねたピザは格別においしかったようです。


f0045667_2053728.jpg
ピザを食べ終わった後は、いぶははもブランコで「ハイジ」気分に。


f0045667_206685.jpg
子供同士で代わり番こに背中を押してあげます。


f0045667_2063122.jpg
南向きの斜面で摘んだタンポポの花を見ながら何やらお話。


f0045667_2065183.jpg
こちらは、「ツリーハウス」建立講習会中です。基礎を作って。


f0045667_2071997.jpg
その上に、柱や梁を組み上げて行きます。観ていると結構簡単そうでした。
ほぼ垂直にまっすぐ立っている杉林の中でのツリーハウスなので、統一的な手法が使えるところがポイントです。
いぶちちもピーター・ネルソンの書いた「ツリーハウス」の本などを持っていますが、それらとは違って、かなり整然と建てられています。


f0045667_208236.jpg
ツリーハウスのひとつの中で遊びます。天井近くの梁にネットがはってあります。子供達と一緒によじ登って写真撮影。足だけ写っているのは「いぶちち」の足です。


f0045667_2085142.jpg
斜面で弓矢の飛距離を競います。


f0045667_2091667.jpg
これは、斜面の空高くに張られたワイヤーを使ってのターザンロープ遊びの様子です。命綱の固定のためのロープワークの講習を別途受講した後に遊べます。写真は、小学校1年生(4月1日から2年生)の女の子が一人で滑り降りている様子です。結構な距離を結構なスピードで移動します。いぶちちは観ていて少し怖くなりました。(^^;


15:00ごろ現地で自由解散となりました。その後も引き続き遊ぶも良し、帰宅するも良し。
今日は、10組弱の家族が「トムソーヤ体験」に参加していました。横浜市や日野市、千葉県内からなど、関東各地から参加されていました。
ピザもお腹一杯になる程食べられましたし、大人も子供も結構楽しめました。これで、参加費は一家族でたったの4000円也(傷害保険付)でした。
「与えられた遊びでは無く、自発的に自由に遊ぶ」という趣旨に賛同できるのであれば、お勧めの企画です。
by ibuchichi | 2007-03-31 20:03 | 日常生活
<< 2007年度初日! 暴風雨? >>